独立から会社設立について - 役員についてのいろは 会社設立ガイド

役員についてのいろは 会社設立ガイド > 独立から会社設立について

独立から会社設立について

image

・サラリーマンからの独立
サラリーマンとして働いていて、いよいよ自分の会社を設立しようと思った時、会社を設立準備がなかなか時間が取れず、会社設立までに時間を要してしまうというのは、よくあるお悩みです。
かといってスパッと先に今の仕事を辞めて会社設立の準備に入るのはなかなか勇気がいります。
その間の収入が無くなってしまうのは厳しい現実になってしまいます。
そのためサラリーマンとして働きながら会社設立準備を進めていくいわゆるサラリーマン起業の方が多くなってきます。
今の仕事の合間や休みの日にまとめて時間を作り会社設立準備をしましょう。
中にはサラリーマン起業家として、サラリーマンとして本業を続けながら起業している方もいらっしゃいます。
この場合のメリットはやはり今までの収入を維持しながら、会社の企業を出来ますので、たとえ最初は売り上げが立たなくても生活の基盤は築いていけるという大きなメリットがあります。
またサラリーマンを続けながら二足のわらじで起業することは法律上の問題はなにもございませんが、会社の就業規則違反になってしまう場合がありますので、その場合は注意が必要です。

・法人・個人事業主どちらが良い?
まずサラリーマンを続けながら起業して更に副業が禁じられている場合は、個人事業主ですと確実にバレてしまいますので注意が必要です。
サラリーマンを辞めてから起業する場合は、どちらが良いのかしっかりと吟味する必要があります。
法人も個人事業主もどちらもメリットデメリットがございます。
自分の事業にはどちらがあっているのかを考えて決めるようにしましょう。
それぞれメリットはたくさんございますが、個人事業主の最大のメリットは初期費用があまりかからない事、法人の最大のメリットは信頼性と今後の取引のしやすさ、節税などでしょうか。
ただし法人登記をするのであれば、登記をするまでに準備が多くあり、また初期費用が掛かります。
事業目的を記載する定款も、個人事業主の場合は必要なく、法人の場合は必ず必要になります。
また法人の場合は決算がありなかなか面倒なので税理士事務所などに依頼することが多いです。
その場合には税理士事務所への支払いなどここでも経費面での負担が多くなります。
それに比べて個人事業主は自分で青色申告を年に1回するだけですのでそんなに難しくなく自分でできます。
他にも様々ございますのでよく確認してからどちらにするのかを決めると良いでしょう。

・法人登記は専門家に依頼すると最短で登記が出来る?
法人登記には様ざまな手続きがあります。
まず登記をすると決めたら、事業目的を記載した定款の作成が必要になります。
この定款もなかなか細かく記載しなくてはなりませんので専門家に依頼するとスムーズです。
更に専門家に依頼すれば電子定款が利用できますので収入印紙の4万円の節約にもなりますので、費用面ではそこまで多くかかるという事はありません。
時間がなかなか取れないサラリーマン起業には専門家に依頼してしまうのがおすすめです。