取締役の役割とその責任と義務 - 役員についてのいろは 会社設立ガイド

役員についてのいろは 会社設立ガイド > 取締役の役割とその責任と義務

取締役の役割とその責任と義務

会社設立時に決める役員に取締役があります。
取締役は、簡単に言ってしまえば会社の責任や決定権を持つ役員のことです。
とは言え、どのような責任とどのような決定権のことをいうのでしょうか。
取締役に限りませんが、役割を把握することも会社設立の際に重要なことです。

取締役の主な役割は、業務執行における意思決定を行うこと、代表取締役や業務執行取締役等の選任及び解任、会社の業務執行の監査をおこなうことです。
そして、取締役の責任と義務は会社法にも定められているため重要な役割を持った役員だと言えます。

そもそも取締役は株主総会で選任されます。
3名以上の取締役が取締役会を構成し、その取締役会で業務執行における具体的な意思決定を行います。
つまり、重要とされることはすべて取締役会での決定事項となるため、このことからも取締役自体が重要な役割を担っていることがわかります。

また取締役の一つ、業務執行取締役は実際に業務執行にあたる役割を担っています。
さらに先にも述べていますが、もう少し詳しく言えば会社及びほかの取締役の業務執行の状況を監視しなくてはなりません。
業務執行が適切に行われているか、かつ怠慢にされていないかなど、厳しくチェックします。
そして、取締役に求められる責任と義務ですが善管注意義務、忠実義務、競業避止義務、利益相反取引に対する規制になります。
たとえば、業務執行において違法行為を見逃してしまったり、法令や定款に違反したり、判断ミスにより会社に損害を与えてしまった場合など、取締役が会社に対しての責任を負うようになります。
また会社以外の取引先など第三者に対し、業務執行の際に注意を怠った結果、第三者である取引先に損害を与えてしまった場合には、損害賠償責任を負うことになります。

取締役の役割には、大きな責任と義務も含まれています。
1人で会社設立をした場合は、その人が取締役となるしかありません。
しかし複数人で会社設立した場合は、取締役の役割、そしてその責任と義務を理解し、信頼できる人を選任すべきです。