会社設立時の取締役会の設置について - 役員についてのいろは 会社設立ガイド

役員についてのいろは 会社設立ガイド > 取締役会の設置について

会社設立時の取締役会の設置について

これまで義務付けられていた取締役会ですが、新会社法により設置義務がなくなりました。
ただし、大企業ともなればやはり取締役会の設置は必要です。

取締役会という言葉は耳にしたことがあっても、どのようなことをするのか、どのくらいの人たちが答えられるでしょう。
取締役会とは、株主総会で選任された3名以上の取締役で構成されます。
そして、会社の業務執行における意思決定をする機関のことを言います。
代表取締役なども取締役会で選任されます。
現在の会社法では、この取締役会の設置が自由となったわけです。
もし、取締役会を設置した場合は最低3ヶ月に1回は開催する必要があります。
そこで、会社設立時に取締役会を設置するか否かの問題に直面することもあるでしょう。
取締役会を設置することのメリットやデメリットを考えてみるといいかもしれません。

まず、メリットです。
会社の経営方針等の具体的な意思決定は取締役会ですべて決まるため、わざわざ株主総会を開催する必要はなくなります。
また、取締役会を設置することで対外的な信用度が高まり、融資を受ける際や取引の際にも非常に有利になると言えます。
さらに公開会社の場合は、従来通り取締役会の設置が義務付けられています。
会社設立時に取締役会を設置しておけば、将来的に公開会社に変更したいとなったとき、スムーズに変更できます。

では、デメリットは何なのでしょうか。
取締役会を設置するには取締役が3名以上、監査役が1名の最低でも4名の役員が揃っていることが重要です。
そして、ここでの問題が役員報酬も必要となってくるのです。
役員報酬は会社の利益に応じて自由に変更できるわけではないので、負担が増えてしまいます。
また、定時株主総会の召集通知の際は計算書類や監査報告書などの添付が必要です。

このように何事にもメリットやデメリットがあります。
会社設立当初から小規模でルールも自由な会社運営を望むなら設置の必要はないでしょう。
しかし、信用度と将来的に業務拡大を目指すなら設置することが得策だと言えます。