小規模からはじめる役員のおき方 - 役員についてのいろは 会社設立ガイド

役員についてのいろは 会社設立ガイド > 小規模からはじめる役員のおき方

小規模からはじめる役員のおき方

会社設立を考えた際に、将来的に会社を大きくしていきたいと思うこともあるでしょう。
しかし、はじめからすべてが上手くいくとは限らず、小さくはじめて将来的に大きくというのが無難であり、コツコツと努力を重ねることで事業拡大につながります。
そこで、小規模からはじめる場合の会社設立の役員構成はどのようにすればいいのでしょうか。

実際、新会社法により株式会社を設立するにも1人での会社設立が可能で、その人が取締役となれば役員は決まったようなものです。
しかし、1人以上でも小規模として会社設立をした場合、役員の人数や構成をどのように考えていけば良いのでしょうか。

もし2人で会社設立した場合の小規模会社であれば、1人が役員となり、残りの1人が従業員となる方法、または2人が役員となる方法があります。
しかし、役員は1人として残りの1人を従業員としたほうが会社としてのメリットがあります。
同様に3人以上の小規模会社からはじめる場合も、役員は2人までとし、残りは従業員とすることでメリットがあります。
そして取締役会を必ず設置しなければならないという義務はないため、会計参与や監査役も必要にはなりません。

ただし、小規模ではじめたとしても取締役会は設置したいということであれば、取締役3名、監査役1名を選定しなければなりません。
とは言え、将来的に業務拡大にともない、会社自体が大きくなれば役員を増やすことも考えるときがあるでしょう。
会社設立当初は、それこそ小規模ではじめる場合は役員の人数は少ないほうが得策だと言えます。
先に述べたように、役員の人数を1人や2人にし、従業員をおくことで従業員がらみの補助金制度などをフルに活用することも可能なのです。
将来的に会社を大きくしたいと考えるならば、会社にとってメリットとなることはフル活用していくべきではないでしょうか。

たとえ小規模ではじめた会社でも、会社運営が安定し、事業が拡大していけば役員も会社の規模に応じて増員することは可能ですので安心してください。