会社設立時の役員の種類について - 役員についてのいろは 会社設立ガイド

役員についてのいろは 会社設立ガイド > 会社設立時の役員の種類について

会社設立時の役員の種類について

会社設立時に決める役員にはどのような種類があるのでしょうか。
世間一般のイメージでは社長や副社長、専務や常務など、よく耳にするこれら役職者が役員と思い込んでいる人もいるようです。
しかし、これらの役職は会社内のみで決められた役職であり、法律上、必ずしも設置しなくてはならない役職ではありません。
もちろん会社設立時に作成する定款に定めておくことは可能ですが、任意のものになります。
そうなると、実際の役員の種類はどのようなものをいうのか、会社設立時に知っておくべき大切なことの一つです。

役員とは取締役、会計参与、監査役の3種類のことを言い、これらの総称と言っても良いでしょう。
そして、このなかの取締役には代表取締役、役付取締役、社外取締役があります。
通常、あまり耳にすることがないものもあるのではないでしょうか。
では、これら取締役はどのような人のことをいうのでしょうか。

代表取締役はよく耳にする取締役名です。
この代表取締役は会社の代表権を持つことになります。
選定方法は取締役のなかから選定します。
ただし、代表取締役は1人でなければならないということはなく、人数制限がないため、取締役全員を代表取締役とすることも可能なのです。

次に役付取締役ですが、取締役でありながら社長や専務、常務といった役職を持った人のことを言います。
恐らく専務取締役、常務取締役などという役職名も耳にしたことがあるのではないでしょうか。

そして社外取締役ですが、これは社外の人間でありながら取締役となる人です。
つまり、第三者として会社の経営に目を向け、サポートやアドバイスをするようになります。
そのため、他社での役員経験者や弁護士、会計士などを社外取締役とするのがほとんどのようです。

役員と言っても単に総称として呼ばれているだけであり、種類があります。
そして、そのなかの取締役にも種類があります。
特に社外取締役に関しては、第三者として厳しい目でチェックを行い、間違いを都度、正すことができる人を選定すべきだと言えます。