会社設立時の役員の役割とは - 役員についてのいろは 会社設立ガイド

役員についてのいろは 会社設立ガイド > 会社設立時の役員の役割とは

会社設立時の役員の役割とは

会社設立の際に、役員を決めることになります。
役員は取締役、会計参与、監査役のことを言います。
会長や社長、副社長、専務、常務などの役職はあくまでも会社内のみで設けた役職であって、法律上の役職ではありません。
そのため、会社設立時に作成する定款にも特に記載することはなく、任意の役職ということになります。

では、本来の役員と言われる取締役、会計参与、監査役ですが、これら役員の役割は何なのでしょうか。
役員の役割について聞かれたとき、恐らくしっかりと答えられる人は決して多くはないでしょう。

役員の本来の役割は、取締役会等の役員会で決定した会社の経営方針などを部下に伝えることになります。
そして、代表取締役の補佐としての仕事が主な役割となります。
つまり、取締役であれば経営方針や会社運営していくなかでの重要事項について意思決定する役割を持ち、その決定事項を代表取締役に委任します。
また、代表取締役の監査や選任、解任なども行います。

次に会計参与ですが、これは字のごとく会計に関わる役割を持った人のことを言います。
会社の会計が正しく行われているか、そして正しく行われるよう会計に関するすべてのことを確認し、会計書類等の作成を行います。
ただし、会計参与は会計のプロでなくてはなりません。
税理士や税理士法人、公認会計士、監査法人といった会計に関してのプロ以外はなれないのです。

そして監査役の役割ですが、やはりその名の通り監査することが役割となります。
何を監査するのかというところですが、取締役が行うことに不正や違法行為がないか、会計帳簿に不正はないかなどを監査し、調査することが主な役割となります。
会計参与や監査役は取締役会や株主総会で報告するため、その監査・調査結果をもとに意見交換を行うようになるのです。

役員と一言で言っても、詳しく見てみればそれぞれ違った役割を持っています。
会社設立時には役員として適任かどうか、そして役員としての役割をしっかりと果たしてくれるかどうかの見極めが大切です。