会社設立の時間を短縮する方法 - 役員についてのいろは 会社設立ガイド

役員についてのいろは 会社設立ガイド > 会社設立の時間を短縮する方法

会社設立の時間を短縮する方法

image

会社設立をするには、煩雑な手続きをすべて一つ一つクリアーしなければなりません。
法人化する前にすでに仕事が入ってしまっているようなケースも多く、その場合では、仕事と法人化の手続きの両方をこなさなければならなくなります。

できれば、会社設立に掛ける時間を短縮して、手間を減らせる方法を見つけたいところです。
実は、会社設立の手間を減らすことは、予算さえあれば可能だということをご存じでしょうか?
どのようにすればいいのか、ここから詳しく説明していきたいと思います。

結論から言うと、専門家に手続きの代理人をやってもらうということです。
例えば司法書士や弁護士などの専門家に依頼をすれば、会社設立に必要な手続きのほとんどを代理でやてもらうことができます。
そもそも、会社設立に必要な手続きには、どのようなものがあるのでしょうか?

まず最初に行うのは、定款を作成して公証人役場でそれを承認してもらう手続きです。
定款というのは、会社のルールを定めた、いわば法律のようなもので、それを登録する手続きになります。
これには、手数料が5万円ほどかかり、更に収入印紙代が4万円かかりますので、計9万円のお金を用意しておかなければなりません。

これが終われば、あとは法務局に行き、登記の申請書や定款謄本、印鑑登録証明書などの必要書類を提出して、登記を完了させる流れになります。
海外で現地法人を設立するのと比べて、日本国内で会社を設立するのは比較的簡単だと言えます。

ただし、慣れるまでは色々と不便があるかと思いますので、会社設立の専門家にサポートを依頼するのも一つの方法だと思います。
こうした会社設立に関する相談窓口を設けているところもありますので、利用してみてください。

公証人役場と法務局に必要書類を提出して登記が完了すれば、めでたく法人として会社の存在が認められたことになります。
ただし、ここで手続きが終わるのではなく、ここからさらに提出しなければならない書類がたくさんあります。
例えば、税務署に会社を設立したことを伝える書類を提出する必要があり、青色申告事業者の申請書も提出しなければなりません。
他には、都道府県税事務所に、法人会社設立の届出書を出さなくてはならず、初めて会社を設立する人は、準備しなければならない書類がたくさんあることに驚くことでしょう。

このような煩雑な手続きも、会社設立をサポートしてくれる業者に依頼すれば、代理で手続きを行ってもらうことができます。
予算こそかかりますが、本業に専念ができますので検討してみると良いでしょう。