会社設立時の取締役の構成 - 役員についてのいろは 会社設立ガイド

役員についてのいろは 会社設立ガイド > 会社設立時の取締役の構成

会社設立時の取締役の構成

会社設立時に決めることとなる役員のなかに取締役があります。
役員構成について悩む人が多いようですが、取締役もどのように構成したらいいかは悩みどころです。
一人で会社設立をした場合はその人が取締役となります。
しかし、複数人で会社設立をした場合は誰が取締役になるかという問題も出てくることでしょう。
そして、取締役の構成の仕方もさまざまです。
そもそも取締役とは何なのかというと、会社の責任や決定権を持つ役員です。
では、取締役とはどういった構成の仕方がベストなのでしょうか。

特に3名以上で会社設立をした場合、取締役の構成の仕方で会社にとって有利なこと、注意点などが出てくるようです。
そして、ポイントとなるのが現在の会社法では取締役の人数に決まりがないということです。

たとえば3名以上で会社設立をした場合は、取締役は2名としたほうが良いようです。
では残りの1名以上はどうするのかというところですが、従業員とします。
ここで重要なのが補助金です。
従業員がらみの補助金制度は多々あり、なおかつ「補助」であるため返済の必要もありません。
また、各地域特有の補助金制度が存在する場合もあるようですので、覚えておくと良いかもしれません。

次に取締役が1名だった場合、万が一、亡くなってしまったら会社はどうなるでしょう。
確実に業務運営に支障が出てきます。
しかし、取締役を2名にしておくことで業務運営に支障が出る心配がありません。
さらに、給与面です。
役員報酬は会社の利益に応じて変更できません。
ところが従業員の場合は、給与や賞与の支給額を利益に応じて自由に変更することができます。

現在の会社法だと一人で会社設立し、その人が取締役になるといったように、取締役とは単純に決められる役員のようにも感じられてしまいます。
しかし、複数人で会社設立した場合、取締役の人数をどうするかでメリットやデメリットが生じてきます。
業務拡大のチャンスをつかみたいのであれば、補助金制度などは活用できるように役員構成もしっかりと考えたいものです。